一矢

 最初にその言葉を聞いたときに、何を勘違いしているのだろうと思ったし、正直少しだけ不愉快だった。しかし、結局その言葉を別れるときまで何度も何度も聞かされると、不思議なもので最後の方は別に不愉快にもならなかった。
 かの国の女性たちは、来日する前から僕のことを聞いているから来日早々、初めて使う日本語が「オトウサン」だ。だいたい20過ぎから35歳くらいの間の人たちがやって来るから、あながちオトウサンと呼ばれることに違和感はない。しばしば本当の親子かと間違われるから、意外と第三者から見ても違和感はないのかもしれない。
 そのフィリピン人は29歳だから、来日するかの国の人たちの丁度平均くらいの年齢だ。その女性が僕のことを「ヤマトおじいさん」と呼んだ。英語の教師として来日しているから、日本語も少し話せる。間違って使っているわけではない。その女性にとって僕は正におじいさん世代なのだ。でも日本的に考えると、29歳の女性のおじいさんになるにはまだ若すぎる。普通なら80歳前だろう。ちょうそ親が僕の年齢くらいだろう。その女性が僕をおじいさんと呼ぶたびに、一体フィリピンではどのくらいの年齢で親になるのかと考えた。もしかしたら20歳そこそこで親になるのではないかと思ったのだ。とすれば僕だっておじいさんになれる歳に近い。寿命が恐らく短いから早く結婚して早く子供をもうけるのだろう。いわば生き急ぐ国だ。日本みたいに長寿が約束されていて、のんびりと生きることは出来ない。強烈な紫外線の元で暮らし、新鮮な野菜も少なく、柔らかい肉も少ない。そうした過酷な中で育ったその女性のほうが年齢よりずっと老けている。いたずら心でも出して「なんだ、妹よ」と言ってやればよかったが、このニュアンスはあの日本語の能力では理解できないだろう。英語に翻訳する能力は僕にはもっとないから結局は幻のジョークで終わったが、一矢報いてやりたかった。

 

広告を非表示にする

煎じ薬分包機

 もうこれで安心。機械の力を借りればこんなに効率が上がるのかと今更ながら認識した。
 以前からこの機械があることは知っていたが、人手だけは一杯あるので必要ないと思っていた。瀬戸内牛民病院の分館が廃止されてから人手をもてあまし気味だったので、煎じ薬を作ることで何とか埋め合わせしていた。煎じ薬を時間があるときにはゆっくりと、時間がないときには寄ってたかって作る。それはそれでよかったのだが、いつまで僕がいるか考えさせられることが12月から今月の頭まで続いたので、決心して高額な機械を入れることにした。そのことを提案すると娘は即答でそうすべきと言った。恐らく同じことを考えていたのだと思う。僕が提案することは最近なかなか通らなくて僕が若夫婦に従っている事がほとんどなのだが、このことはすんなりと決まった。土曜日に6人がかりで設置してくれたのだが、実働は今日からだ。さすがに早くできる。よってたかって作っても、あれだけ早くは作れない。薬剤師3人がかりで作るよりはるかに早い。結局今日は娘夫婦の手を借りずに、全員のを作った。朝から始めて夕方の6時頃までかかったが、マイペースで焦ることなく作れた。今までは3人がかりで焦りに焦って作っていたが、今日は余裕を持って作れた。
 これでハード面は大丈夫。知識の伝承は35年間処方を書きとめてきたからそれを見れば患者さんの多くの相談に対応できるようになっている。薬局製剤の許可をとっている薬局の薬剤師しか作れないものは娘が作り、医者しか処方できない漢方薬は息子が処方箋を切る。医者と薬剤師がそれぞれ特徴のある漢方薬を出せるようになっているところは日本中でも少ないと思う。
 後は、患者さんの訴えを何処まで理解できるかだが、これは機械やノートでは残せない。又マニュアル化などしてはいけない分野だ。どれだけ人生経験をつみ、自己を確立出来たかが重要だ。長い歳月がこれには必要だ。自己研鑽で少しずつ積み重ねるしかない。だからもう僕がいなくなっても何とかなる。今日僕の値段がついた。〇〇〇万円なり。

広告を非表示にする

大野原龍王太鼓

 観音寺市民会館で今日行われた「大野原?王太鼓」には、行くことができないのではと1ヶ月前には思っていた。折角チケットを買っているのに外国の方に見せて上げられないのは残念だったし、僕自身も「組曲大野原?王太鼓」がとても好きだから、とても残念だった。ところが神様にみ旨のとおりに従いますと祈っていたら、執行猶予を与えてくださった。
 今日は玉野教会で知り合ったフィリピン人とかの国の女性3人、計4人を連れて聴きに行った。かの国の女性の一人が片言の英語を喋れるから
結構賑やかな道中だった。日本に来てフィリピン人の友達が出来るとは思っていなかったみたいで、すぐに打ち解けて、会話らしきものをしていた。異国の地で頑張るもの同志の連帯感か、それとも国柄か、すぐに打ち解けていた。
 学校の英語の先生として働いている女性はさすがに好奇心が強くて、かの国の女性たちがやたら自撮りをしているのとは違って、興味を持った対象物を写したり、調べたりしていた。何か興味を持つとすぐにインターネットで調べて質問をしてくる。これだけ僕が提供するものに好奇心を示してもらえると嬉しいが、車窓の景色も眺めず、コンサートに行っても自撮りに明け暮れるかの国の女性たちとは大違いだ。ただしこれは当然人による問題で、国柄を言っているわけではない。
 組曲大野原龍王太鼓のクライマックスには、鬼が大太鼓の上に登り長い撥で激しく打ち鳴らす。外国人が驚いて感激する瞬間だ。それまでに技を駆使して徐々に盛り上がった気分が一気に爆発する。何度聞いても感激する場面だ。かの国の女性たちもフィリピン人も惜しみない拍手を送り続けていた。
 来年もこのコンサートに是非来たいと健康を願うが、結成30年で5回目のコンサートらしいから、次は5年後らしくてよほど健康でいないと見に来ることは出来ない。毎年コンサートをしても観客が入りそうなくらい上手なのに。僕のために・・・・・・・
 

「のブログ」は平成30年1月末をもって閉鎖となります。<BR>
新しい栄町ヤマト薬局のブログサイトはコチラ↓↓↓<BR>
          <A href="http://yamatoph.hatenablog.com/" target="_blank">http://yamatoph.hatenablog.com/

広告を非表示にする

勘違い

僕は毎晩中学校のテニスコートを歩いています。
体育館でバレーの練習をしていたら、明かりが少し漏れてきますが、
そうでなかったら真っ暗です。
ある冬の夜、あまりに寒かったので、陸上競技の人が着る長い温かいコートを着ていきました。
フードがついていて首も顔も守られました。
僕くらいの年齢になると脳卒中が怖いので、首を冷やせません。
真っ暗な中歩いていると、後ろで足音が聞こえました。誰かが僕の後を歩いていますが、振り返る勇気もなく、
さりとて怖がるのも癪に障るから、そのまま歩いていましたが、いくら経ってもついてきます。
僕がスピードを上げても落としても僕に合わせます。
そのうち気持ち悪くなって、悔しいけれどウォーキングを切り上げて帰ってきました。
県道に出ても、家のすぐ傍に来ても足音が聞こえるのです。
家の近くだからもう安心だと思い、振り返ると誰もいませんでした。
不思議に思い、家の玄関まで歩いて帰ったときに、同じような音がします。
そして「誰もいないのに不思議」と思ったときに、僕が歩くたびに、と言うか揺れるたびに、
フードが耳にあたって音を出していることに気がつきました。
だからいくら離れようとしてもいつも同じ大きさの音しか聞こえてこなかったのです。
人は恐ろしい目にあったり緊張するとそんな勘違いまでしてしまうのですよ。
あなたも僕と同じような勘違いをしていると考えられませんか。
ヤマト薬局

 

 

広告を非表示にする

常套句

 朝一番のニュースで、大雪のために列車の中に閉じ込められて10数時間過ごしている光景が放映された。400人以上が列車に閉じ込められ、よりによって腰掛けられない人も多くいたみたいだ。雪で帰宅の足を奪われ、電車を選択した人が、集中し、いつも以上の混雑だったらしい。明かりがついている電車の中をテレビが映しているのだから、近くまで人は行くことが出来たのだろうが、側溝などが雪に埋もれて見えないから、電車から降ろすという選択肢はなかったみたいだ。それは頷けるが、頷けられないことがある。
 それは10数時間缶詰状態にされた人達の体力と気力のすごさだ。なるほど数人は救急で運ばれたらしいが、少なくともそれ以外の400数十人は耐え抜いたってことだろう。おまけに、放映されたニュースでは、窓などにもたれて立っている人が大勢見えた。腰掛けることも床に座り込むこともしないで10数時間立ちっぱなしの人もいたのではないか。
 学生時代、当時の新幹線は満員になることがしばしばだったが、デッキにギュウギュウ詰めにされて東京に行ったことがある。身動きできない状態は新幹線でもしばしばあった。若いとそんなことまで出来るのだ。今となっては考えられないが、この僕でも20歳の頃は出来た。恐らく学生が一杯乗っていただろうから、夜を立ったまま明かしたというつわものが多かったのではないか。状況を想像しただけでパニックを起こしそうだが、人間って、いざと言うときは強くなれるものだ。若い人はなおさらだ。想像を絶する強さなのだ。
 中島みゆきの歌に地上の星と言うのがあって、人は誰も輝いていると歌われているように記憶しているが。正に昨夜のようなことを歌っているのだと思う。じっと我慢して耐えた気持ちと体の強靭さにただただ感心する。
 当事者がこうむった被害や損失には同情するが、その忍耐力に多くの国民が勇気付けられたと思う。下手なスポーツの常套句をあの方々にささげたい。

広告を非表示にする

写真

 いつ何処で撮ったのか分からない。背景を見ても広場のようだが、何処の広場か見当がつかない。ただその写真の中の僕はのけぞるように笑っていて、とても幸せそうに見える。誰を相手に、何を話題にあんなに笑っているのか一切記憶がない。
 数日前に、その写真を台所の棚の上で発見した。壁に貼られているかのように見えるが、立てかけただけだ。結構大きな写真で、正式に写真にしたものではないから結構映りが荒い。でもそれが救いだ。もしあれが綺麗な正式な写真だったら、この1ヵ月半の僕の不都合な検査結果のせいで準備されたものと勘違いしてしまう。それこそどさくさに紛れて用意したのかと思ってしまう。
 そんなことを考えたのは、母の写真のことがあるからだ。もう10年くらい前だろうか、モコを抱いて裏庭にいたら観光客がその光景を気に入って写真を撮ってくれたらしい。写真の母は慢心の笑みを浮かべモコも満足そうな顔をしている。単なる観光客かセミプロかプロか分からないが、とても良い写真で、僕は母が亡くなった時はこの写真を使おうと決めていた。家族葬だった為にどんな写真でも許される。兄弟姉妹が、あんなに美しくて上品な母を瞼に永遠に焼き付けてくれれば僕も嬉しい。
 僕が見つけた写真と母の葬儀の時に飾られた拡大した写真の大きさが何となく似ている。黒縁さえつければすぐにでも使えそうだ。不謹慎なくらい笑っている僕でも、家族葬なら許されるだろう。そう言えばよく笑っていたなと、酒のつまみくらいにはしてくれるかも知れない。ただ、それも3日が限度だ。3日も過ぎれば自分達の生活のなかに埋没して、僕を思い出すことなどなくなる。それが正常な家族だ。今を懸命に生きる人こそが大切で、故人に思いをはせても仕方ない。僕の価値観から言うと写真なんかなくてもいい。アルバムも持っていない人間だから。

 

広告を非表示にする

綺麗

 悪いけれど悪くない。よくはないけれど悪くはない。カヌーのある選手の犯した罪をニュースで見ていてそう思った。
 ライバルに禁止薬物を飲ませたり、道具を盗んだりして陥れたのは大きな罪だ。ここのところは明らかに悪い。ただその後良心の呵責に苦しんで真実を明らかにするために名乗り出たのは良い。前者もなかなかできることではないが、後者もなかなかできることではない。キリスト教では罪は許されるものだが、宗教と関係ない人でも、名乗り出た選手をもうかなり許しているのではないだろうか。
 許す理由は、日本人の変質振りに多くの人間が心地よくない日々を送っているからだと思う。カヌー選手の卑劣な行為を許すわけではないが、その後名乗り出て、選手資格を失うかもしれない選手を救ったことは、日本人の潜在意識の中に隠れている切腹と相通じるところがあるからではないか。腹を切って謝る、責任をとる姿に共感を持ったのではないか。現代に実際に腹を切るのはありえないが、名乗り出ればアホコミに追い回され、社会的には葬られる。腹を切るのと同じ運命だ。
 日本人の素養の変質振りは底辺の人間から頂上辺りの人間までどの階層でも起こっている。下々の人間のそれはかわいいもの、罪もすずめの涙ほど小さいが、トップに立つ人間達のそれは違う。疫人を全方位的に従え、何処から攻めてこられても、疫人のワル知恵を利用し自らを守る。国のカネで悪友を優遇し、又自分に還流させる。鬼業もアホコミも一蓮托生でやりたい放題。それでも豚場の豚のごとく汚れて息苦しいところに閉じ込められた国民は、まかれた餌に群がり尊厳さえも食ってしまう。
 国民は悪いけれど悪いやつらを去年散々見せられた。謝りもせず、罪も認めもせず、ひたすら権力を使って居直る、そんな悪いやつは悪いを見せられ続けたら、カヌー選手の悪いが綺麗に見えてくる。オリンピックに出られるようになるだろう選手の綺麗を次は見て見たい。

 

 

 

広告を非表示にする