新幹線

 休日は時間に余裕があるから、師匠の師匠にあたる方の講演テープ、実際にはCDを聴いている。日本屈指の漢方医であった先生だが、声はかすれて活舌が悪く、はなはだ聞き取りにくい。しかし、どんな宝みたいな知識が埋まっているかわからないので、懸命に音を拾っている。
 先週の日曜日に聞いた録音は、先生が関東の医師会に招かれて講演しているものだが、先生が話の中で「今日新幹線できたんですが、これで2回目ですわ。昔はトンネルに入ったら煤だらけだったんですが、今はきれいですな」と感嘆の声を上げていた。これは別に新幹線ができたての頃の録音ではない。新幹線が出来てから30年以上経っていた頃の講演テープだ。いかに先生が旅行をしなかったのかよくわかる。高名なお医者さんで患者さんはいっぱいおられて、まして難病の方が多かったはずだから、診察に明け暮れていたのだと思う。講演の中では、関西人らしくギャグが何度も飛び出し、楽しそうに話しておられた。
 そういえば、僕に漢方薬を教えてくださった師匠も、30年間講義をしていただいたが、どこかに旅行したと言う話は一度も出てこなかった。これまた関西の方だから、全く飾らない話を聞かせ続けてくださった。先生もまた薬局での楽しい逸話をいっぱい話してくださった。
 飽き性の僕がよくもこんなに続いたものだと思うが、教えていただいたことが本当によく効く処方だったこともあるが、笑いながら学べると言うことが僕を漢方薬につなぎとめてくれた。学術的で権威主義的な講師の方だったら、あっという間に僕は諦めていただろう。僕にはそういった方々への羨望の眼を持っていないから。
 お二人とも本当に人様を健康にするのが好きだったんだと思う。旅行より遊びより楽しかったんだと思う。お二人とも漢方薬の本を出版されているが、僕にはそんな芸当は出来ないから、時間だけはお二人より持っている。20年前くらいから日帰りのお出かけに明け暮れたが、先生の新幹線発言を聞いて、なんだか慰められた。世界中を旅してもいいくらいの高名な方が「新幹線が2度目?」良い師匠の師匠に音声上だけだが慰められた。

三浦瑠麗と夫が踏んだ可能性がある虎の尾。10億円詐欺事件の裏側にいる日本経済の本当にヤバい奴ら。なぜ東京地検特捜部は動いたのか?安冨歩東大教授。一月万冊 - YouTube

軽率

 我ながら軽率な考えが浮かんだものだ。知らないと言うことはこんなにも人格を喪失させる。
 トンネルの向こうは雪だったみたいだ。透析治療を受けての帰り道、トンネルを抜けたところはすでに大雪で、かなりの積雪だった。ニュースで見ただけだが、恐らく数十センチ。いくら雪に慣れている人たちでも、その積雪では車は動かせないのだろう。その方は車から降りて1km先の我が家まで歩き始めたらしいが、途中で力尽きて亡くなった。悲しいニュースだが、僕は1㎞の雪道を歩くことが出来ないのかとニュースを見ながら思った。僅か1㎞、この「僅か」と言う言葉が頭の中に浮かんでいた。
 今朝その言葉を浮かべたことを恥じ入る体験をした。いつものようにウォーキングに出かけたのだが、燃えるゴミの日に心がけているゴミ袋の余白を落ち葉で満たす作業を始めた。まもなく首や肩のあたりが急に凝ってきて、寒いのにのぼせたような不快感に襲われた。その後すぐ、ゴム手を履いているのに急に手が冷たくなってきた。フード付きのマラソン選手が箱根で待機中に着ている大きなコートのボタンを合わせようとしたが、手がかじかんで一つも合わせることが出来なかった。仕方なくゴム手を脱いでボタンを合わせたのだが、その時に見たわが手が、正に真っ赤。どこからこんなに血液を集めたのだろうと言うくらい赤かった。それから程無く、「冷たい」が「痛い」に変わって、慌てて家に帰った。
 その間10分くらいの出来事ではないか。ドッグランと言う、足腰には優しい環境の中で、10分で音を上げたことになる。膝まで積もっている雪道を歩くのがどれだけ大変なのかは経験がないが、おそらく100メートルも歩けば鍛えていない人間は進めなくなるのではないか。止めを刺すのが心臓発作か、低体温かわからないが、生き延びる自信はない。
 暖かい部屋の中のソファーに腰を掛け、軽々しく「どうして1㎞の距離を歩くことが出来ずに亡くなったの?」と発想してしまったことを恥じる。「ただただ気の毒」でよかったのに。

 

 

舛添要一さん、三浦瑠麗さんを再び批判「あまりに不勉強で、テレビ文化人の欠陥を晒している」
 元東京都知事国際政治学者の舛添要一さん(74)が25日、自身のツイッターを更新。同じ「国際政治学者」として多くのメディアに出演してきた三浦瑠麗さん(42)が、夫が代表を務める会社が投資トラブルで家宅捜索を受けている太陽光発電事業について「あまりに不勉強で、テレビ文化人の欠陥を晒している」と厳しい言葉を投げかけた。
 23日に「思いつきで奇をてらって発言しても、すぐにメッキがはげてしまう。彼女がその典型例だ」と批判した舛添さん。この日は、取材に応じたという「もう国際政治学者を名乗るな」のタイトルがついた記事を添付し、「太陽光パネルは廃棄処分にお金がかかるし、中国からの輸入品である。三浦瑠麗や設置義務化を進める小池都知事は、それを理解しているのか?」と指摘。「私もテレビ文化人の端くれだが、人一倍勉強してから発言している」と“先輩”としてコメントした。

予感

 そのローカルニュースを見て、なんとなく嫌な予感がしたが、案の定、当たってしまった。
 本土から5分で、フェリーを使えば着くのが前島だ。土地が肥えていて今でも農業が盛んだが、さすがに島とあって徐々に住人が減ってきた。フェリーの運航に多額の経費が必要だから、色々策を練って島民以外にも乗ってもらおうとしている。その施策のうちの一つが、牡蠣を炭火で焼いて食べる「牡蠣小屋」の開設だ。冬の間だけ開かれるが、従来は食べたくなってフェリーで渡れば、ほぼほぼ待つことなく席に着けた。職員の人が勢いよく起こした炭火で焼いて食べるのは格別おいしい。後片付けしなくてもいいのも魅力だ。
 来週の日曜日、ドッグランの外周に積もった枯れ葉を片付けに来てくれる7人のベトナム人を牡蠣小屋に案内しようと思い電話したら、案の定予約で埋まっていた。なんと既に2月もすべて埋まっているらしくて、諦めざるを得ない。ただし、頑張っているフェリーの職員の方々の苦労をよく知っているから、テレビ取材後のあまりにも大きな反響に、部外者の僕もうれしくて、そのことを電話の向こうの女性スタッフに伝えた。名前を名乗ったから僕を知っている人だろうが、僕が好評を喜んでいることを喜んでくれた。声が急に明るくなった。
 ただ僕としたらまたもや、自前で焼かなければならなくなった。師走にバーベキューをした時でさえ、寒かったのだから、この一番寒い時期にやるのは出来れば避けたかった。牡蠣小屋を勘定に入れていたから、結構楽観視していたのだが。つくづく早押しには慣れていない。

 

三浦瑠麗はテレビから消えるのか?夫が10億円詐欺事件で東京地検特捜部から家宅捜索。マスコミ達はこれでも三浦瑠麗を使う?元博報堂作家本間龍さんと一月万冊 - YouTube

無防備

 「きぐすり」と言う漢方相談に寄せられた投稿に答えた文章が下記のもの。僕は原則的には個別に回答するのだが、この質問や回答は多くの人に読んでもらいたいから敢えて公にした。基本的には相談者のトラブルを解決したいから、薬局で行うと同じ作業をするのだが、多くの方は、知識を貰うだけか、ただ口に出してみたかっただけみたいだから、その作業も空しさと裏表だ。ただし、人生の質を大きく上げることに貢献できた方も何人かおられるので自分に鞭打っている。
 コレステロール値が少し高めでB判定。痩せ気味でしっかり食養生や運動が出来ている方。僕に言わせれば何も問題がなく、今まで通り人生を謳歌することだけに努めればいいと言う印象。

僕は相談者が、かなりお元気なのではと想像しています。
コレステロールなどは、少し高めが一番元気ですし、死亡率も低いですから。
色々なホルモンの原材料になるのですから、少し高めが元気になるのもうなづけます。
心臓病で死ぬ確率が高い欧米人の値をそのまま、日本人に当てはめれば、日本人は実際の健康ではなく、
健康診断のために生きていくのを強いられているようなものです。
肥満度で言うと91%で少しやせ型ですから、防風通聖散と大柴胡湯は必要もないし適しません。
痩せると言う言葉に反応しないほうがいいですよ。下痢して痩せることはあっても、代謝が促進されて痩せると言うのは、本来作られた薬の意図とは異なります。
貴女が実行されている生活習慣はかなりのレベルで、この方より元気でおれる方がどのくらいいるだろうと思うほどです。貴女にはとても強い意志と実行力があります。読ませていただいて感動ものでした。
水分の2リットルも普通の方には多すぎるように感じますが、それだけ運動していたら喉が欲するのでしょうかね。
僕はあなたの家系が、心臓病で代々亡くなるお家なら、コレステロールの管理に生活の焦点を当ててもいいかとも思われますが、もっとご自分の元気さに感謝して、色々な情報に惑わされないようにして、自信を持って過ごされたらいいと思います。
こんな低次元の返事をしてしまいましたが、僕は田舎の薬局ですから、それこそ所得に皆さん恵まれていません。それでもお役に立てれなければならない人がやって来るので、解決する方法を探らなければならないのです。そこで結論ですが、紹介された「冠心調血飲」は経済的に余裕があったら服用したらいいものです。あなたが今投資しているすべてのものより価値があると思います。ただし、始めるのは10年後くらいからでもいいかな。

  この相談者が福島の方でなければ、今服用していると言う「商品としての水」もいらないと思ったが、別の意味で利用されているとしたら、仕方ないこと。他の地域の方だったら、「水道水でよいのでわ」と答えるだろう。牛窓の人なら単純明快「吉井川の水でええが!」
 ゆめゆめ資本家の前に大切な体を無防備に差し出さないで。健康の源は、大地と海(川)と空にある。もっと言うならお百姓さんと漁師さんに感謝。資本家にむしり取られるお金の何倍もあの方々に!

 

三浦瑠麗氏、テレビ界追放の絶体絶命! 夫の太陽光発電会社が検察の強制捜査を受け、瑠麗氏本人は政府会議で夫ビジネスをプッシュしまくり!利益相反!元朝日新聞・記者佐藤章さんと一月万冊 - YouTube

 

我田引水

 来た~、また来た~岡山県ナンバーワン。
 今回は名誉な事。ただしその名誉が幸か不幸かはわからない。それこそ人による。
女性の寿命が岡山県が全国一になった。これ偏にヤマト薬局のおかげ・・・でも何でもない。岡山県が温暖なところにあり、災害が少なく、心身共に傷めつけられにくいのだろうと僕は推測するが、それでは健康増進を図ってきた行政としたら心外だろう。栄養委員などを始めとする啓蒙の努力が実ったとマスコミでは評価されていた。
 厳しい気候の中で暮らしている方々に比べれば、塩で血圧を高くして頑張る必要もないし、タバコで一服する必要があるほど労働も過酷ではない。遺伝子を傷つけるほど紫外線に暴露されることもないし、どこにいても人は溢れないし交通渋滞もない。
 滅茶苦茶大金持ちもいないから、自分の経済を嘆いて、投げやりになることも少ない。田んぼも畑も果樹園も海もあるから、バランスよく地のものが食べられる。関西に近いから、程よい冗談が飛び交い、精神の緊張がゆるむ。
 皆さんそれぞれの町で一番暮らしやすいから長く住んでいるので、上記の理由はすべて我田引水。とってつけたような解説。でもこうして書き出してみてつくづく思った。「牛窓に帰って来てよかった。あのまま都会で就職していたら、もうとっくに僕は千の風になっていただろう」

超訳 You raise me up(Martin Harkens) - YouTube

発想

 朝のある番組で、猫を飼っていると、豚肉アレルギーになりやすいと言う情報を得た。豚肉は人間と似ているから、アレルギー反応は起こらないと覚えていたが、どうやらそうではないらしい。
 専門家曰く、猫アレルギーの原因物質と豚肉の何かが共通しているらしい。だから豚肉を食べて食物アレルギーで飛び込んでくる人が増えたらしい。以前なら単に聞き流すだけだが、半年くらい猫と同居しているから他人事ではない。
 早速猫をとてもかわいがっている妻に教えた。「プリンちゃんともう一緒に暮らせなくなるかもしれないな。猫を飼っていたら豚肉アレルギーになる可能性があるらしいよ」僕はどちらかと言うとあの釣り針みたいな歯に恐怖感を持っているから、クールなものだ。ただ最近は、プリンの鼻に僕の鼻を近づけるとプリンも近づけてくるようになったり、一瞬だが僕の膝の上を横切ったりするから、全く他人ではないのだが、出ていくのを止めるほどの愛情はない。だから、暗に地域猫に戻そうかと言う提案でもあるのだが、妻の反応は全く意表をついていた。
 「それなら、豚肉を食べないようにしたらいいが」これには一本取られた。一つの事象に対してこんなに対処の仕方が異なるのだと、それも笑うしかない愛ネコ家の発想に、幸せな猫だと視線をプリンに移すが、愛想の一つもしない。僕としたら亡くなったミニチュアダックスのモコのように甘えてほしいのだが。

【れいわ新選組・山本太郎】2023年1月17日れいわ新選組!街宣札幌!通行人戻って質問!岸田政権って何?「切り抜き」 - YouTube

一幕

 今の僕なら持ち上げるのをためらうような荷物を二つ抱えて入ってきて、床に降ろしてからそのドライバーが謝った。僕は何を謝ってくれているのかわからなかったから、確認してみると、段ボール箱の一部がへこんでいるそうだ。確かに割と鋭角にへこんでいたから、重いものが当たったのかもしれない。しかし所詮、薬を入れている段ボール箱でしかない。中の商品さえ無傷なら、運ぶだけのための段ボール箱などどうなっても構わない。だから「なんともないよ、大丈夫、大丈夫」と簡単に返事をした。若い彼は安心した風だったが、それでもなお謝って出て行った。
 若いのに丁寧な青年だなと思いながら、こんなことでこんなに気を遣わなければならないほどこの国は窮屈なのだろうかとも思った。心地よいドライバーの対応ではあるが、逆に僕らが無意識に要求しているものではないのだろうかと思った。程よい要求と過剰な要求のせめぎあいで、落ち着くところをだんだんと高みに持って行ってしまっているのだろうかと懸念した一幕だった。

 

AMAZING - Flash Mob - Started by one little girl - Ode to Joy - YouTube