予行演習

 「天下の高島屋のトイレがこれか!」と思ったのは、便座式のトイレではない昔ながらのトイレに入ったときに、なんとなく様子が変だと感じ、その原因が水を流すペダルがなかったからだ。
 とにかく入った途端余りにもがらんとしていたのだ。あったのはトイレットペーパーと緊急時のベルと何の目的か分からない葉書大の薄いプラスチック容器。まさにその3つしかなかったので、これでは用はたせない。「危なかった」と胸をなでおろしたが、天下の高島屋が使えないトイレに普通に入れるようなドジはしないと思って、狭いトイレの中をくまなく探してみた。まるでキツネにつままれたみたいだったが、やっとのことで、例の絵葉書大の容器が怪しいことに気が付いた。
 しゃがみこんで目を近づけて見てみると、手のひらの絵が描いていて、意外と小さな字で手のひらをかざすと水が流れますと書かれていた。初めて見るものだし、失敗は許されないことだから予行演習をしてみた。すると勢いよく水が流れた。
 ああ、これもまたコロナの産物かと、何年遅れか分からないが、新しい装置を理解した。高島屋さん疑ってごめんなさい。「さすが天下の高島屋さん」
 お詫びに、何か買って帰ろうとデパ地下を覘いて見たが、これまた見たこともないような料理で、どうやって買えばいいのか分からなかったから、気後れして手ぶらで退散した。「本当に高島屋さん、ごめんなさい」

見よ!これが身分の差だ!裏金議員は無罪&無税で頂き女子りりちゃんには懲役9年に罰金800万の上に4000万円の自己破産しても消えない追徴課税。安冨歩元東京大学教授。一月万冊 - YouTube

親石

 今日玉野教会で、聖書朗読の役割を果たしてきたのだが、自分で読んでいて分からないところがあった。もっとも僕はそもそも不勉強で、雰囲気だけのクリスチャンだから難解なところは多いのだが、今日の読んだところは今まで遭遇した難しい箇所で一番手だったように思う。
 「あなたがた家を建てる者に捨てられたが、隅の親石になった石」
 このあなたがたは民の議員、長老。親石とは石造家屋の礎石のうち、隅に置く重要な石。転じて、もとになるもの。基礎。
 となると、議員や長老などの権力者に捨てられたキリストは、基礎となる石だということ。僕は建築について何も分からないが、親石と呼ばれる重要な石が隅に置かれるの?中心におられる人が隅にいるから余計、敬うようになるという意味かと思ったが、念のためインターネットで検索して見ると下記のように親切丁寧に解説してくれていた。僕みたいな、あまり理解が出来ていないクリスチャンも意外と多いのかもしれない。

『建築で言うところの土台、定礎を同じとあったのですが、「隅の」の言わんとする意味がまだ良く分かりません。建築のこともよく分からないのですが、四角形だとして、その角の一つという視覚的イメージで合ってますか?』
ベストアンサー
隅のかしら石(親石)は、4角形の縦の壁と横の壁を結び付ける働きをします。
これはキリストがユダヤ人信者と異邦人信者を結びつけることを表しています。

ベストアンサー
「家を建てる者」・・・農夫、イスラエル民族 「(捨てた)石」・・・ぶどう園の息子、ナザレのイエス 「隅の親石」・・・もっとも重要なもの=救い主
つまり、ユダヤ人が十字架にかけ、拒絶したナザレのイエスこそ、全世界の救い主であった、という意味。
ベストアンサーが何故複数あるのか分からないが、いよいよ分からなくなった。家で復習しても分からないようなものが、1回の朗読で分かるはずがない。少しでもキレイに生きたいというのが僕の漠然とした洗礼を受けた理由だが、神父様の聖書の講義はほとんど居眠りをしていた。結果僕は、きれいに生きるどころか、きれいに忘れてしまった。

私が直接見た、小池都知事がビビっていた瞬間 - YouTube

 

目障り

 数年来、それこそ「とにかくだるい」らしくて、色々な科にかかったが、どこが悪いとハッキリ指摘されないまま、いろんな薬を頂いたが、どれも効かなかった。
 話し好きみたいで、僕の質問に倍返しをするが、本当は帰って横になりたいくらい会話だけでも疲れるそうだ。病名がつかないのに、本人は苦痛を訴える。よくあることだが、こうしたときには漢方薬が役に立つことが多いというか、漢方薬しかないだろうとこちらは思う。ただし患者として百戦錬磨だから、田舎の薬局の漢方薬など始めから信用していない。
 それなのに、なぜか飲むことになった。それも面倒くさいと、はなから拒否された煎じ薬を飲むという。僕は2週間分作って飲んでもらうことにしたが、なんとなく2度と来ないような気がしていた。ところが2週間してやって来て、少し手ごたえがあったみたいだ。
 その後、数回作ったところで、その人が偶然息子が書いた処方箋を持って来た。岡山市内から引っ越してきたらしくて偶然息子の所を選んだらしい。現代薬をもらうために月に2回通院するらしいから、その時に一緒に煎じ薬も頼めばいいと提案した。
 僕はその人の不調をメモして渡していたのだが、息子が一度大学病院で検査をしてもらったらと提案したらしく、紹介状を持って診てもらいにいったらしい。そこで専門的な検査を受けたのだが、やはり「どこも異常はない」と言う診断で、折角効果を感じている煎じ薬があるのだから、それでいいのではと言われたらしい。その時に先生が、お薬手帳に載っている息子の処方をコピーさせてくれと言われたらしい。
 しいて言えば慢性疲労症候群あたりと、病院では言われてきているらしいが、専門の先生もあの手この手と試行錯誤されているのだろう。息子の、元をただせば田舎の薬局の処方でも、興味を引いてもらえたのかと不思議な感覚だった。
 40年前に、近隣のお医者さんたちに馬鹿にされながら、漢方薬を勉強した。恐らく目障りだったのだろうと思う。患者が漢方薬が効いたなんて言うと、自尊心が傷ついたのだろう。今では漢方の世界も、お医者さんが中心の、いや〇〇〇が中心の世界になってしまったが、あの頃の僕たちに向けられた軽蔑を含んだ視線は忘れない。

4/20(土) 19:30~ プレミア配信【澤章・元都庁幹部が語る小池百合子知事の虚像と本当の姿/都庁の変質、「共犯」の大手記者たち】 - YouTube

 

真逆

 この歳になるまで2回しか地震を経験いや、覚えていない。
 大きいのは神戸の震災で、震度4だった。余震もその時何回か経験した。もう1回は、何の地震かよく覚えていないが、丁度接客中で、お互い目を合わせたことだけ覚えている。
 緊急地震警報となると、全く経験はなかった。だから一昨日の夜の市役所屋上からのサイレンは、それこそびっくりして飛び起きた。思わず蒙古襲来かと思った。同じようなサイレンは他の目的で聞いたことがあったが、サイレンと共に「大地震です。大地震です」と妙に落ち着き払った男性の声がしたから、余計不気味だった。
 何もない部屋で寝ているから、倒れてくるものはないはずで、何故かわからないが四つん這いになって次なる行動に備えながら身構えた。緊急地震警報が実際の地震よりどのくらい先行して知らされるのか分からなかったが、10秒くらい経っても微動だにしなかった。それでも1分くらいはその姿勢を保っただろうか、結局揺れは感じられなかった。
 その後リビングに行きテレビをつけて情報を得たが、緊急地震警報っていいものだなとつくづく感じた。数秒でも身構える時間があることは、ある意味心強い。揺れ出してから気づくのとでは、精神的なプレーシャーはけた違いだ。身を守る動作とうろたえるのとでは真逆だ。

イスラエル首相・ネタニヤフの心の闇。株価下落!第三次世界大戦に世界を引きずり込む爆弾になりかねない。イランをイスラエルが攻撃!安冨歩元東京大学教授。一月万冊 - YouTube

堪忍袋

 あることがきっかけでウツ症状が出ている方の奥さんが漢方相談に来てくれた。そのこと自体はよくあることだが、なんとその方を紹介してくれたのは、6,7年前にお世話した方のこれまた奥さんだ。
 紹介してくれた方のご主人も又ウツ(ウツウツ?)症状だったのだが、結構煎じ薬で早く効いてくれて、調子が良くなってもほぼ惰性で飲んでいた。
 ところがある時に名前が違うと、怒られてから来なくなった。薬袋に書く字が最初から違っていたみたいで、何回かは我慢してくれたみたいだが、最後は堪忍袋の緒が切れたのだろう。
 僕は正直名前が間違っていることなどなんとも思わない性質だから、そんなに大切な事かと思ったが、それ以来音沙汰なしだから余程怒り心頭だったのだろう。名前を上げれば県内のかなりの方が分かる有名な方だから、プライドも相当なものだったのかもしれないが、正直僕は「効きゃあええが、名前なんかどうでもええが!」くらいの捉えようだった。
 ただ、そのことがきっかけで、名前の確認は怠らないようにした。そしてそれ以上に学んだことは「えらい人は苦手じゃあ!」と青春時代をそのまま引きずっていたことだ。
 思えば偉い人など身の回りに一人もいないから、苦手でも当たり前かもしれないが、こうして何年か前の僕の貢献だけは評価してくれていたみたいだから「許す」「人間みんな平等じゃあ!」

文春砲炸裂の小池百合子が逮捕の可能性も!元側近弁護士の告発に爆弾予告!カイロ大学声明文作成をしたA氏が今後出てくる可能性を示唆。安冨歩元東京大学教授。一月万冊 - YouTube

 

恨み節

 そんなに勉強熱心ではないのに、見れないとなると気になる。我ながら勝手なものだ。
 最近は、所謂QRコードと言う奴で色々な情報を製薬会社も送って来る。以前はクリックするだけで情報を読むことが出来ていたが、今は僕みたいにスマホを持っていなければ情報にアクセスできない。
 買わなかったばかりに宝くじに当たらなかったと後悔するのは、一平君と共通する素養を僕も持っているからだろう。知識も同じで、見れなかった場合だけ逃げた魚が大きく感じる。ただそのためにスマホを買い求めようとは思わないから僕の知識欲もそこまでだ。
 今日製薬会社のセールスの方が来られたので「自分所の情報を折角頂いても読めない!」と恨み節を言うと、彼がパソコンでも読めますと言って、アプリ?を設定してくれた。
 操作方法を紙に書き写して、自分で再現してみたら、QRコードで隠されていた?情報が画面に現れた。それを見た瞬間、天国から地獄。単なる講演会の案内状だった。これは毎日のように、その製薬会社のホームページで確認している内容と同じだった。「なんじゃこりゃあ!毎日僕が見ているものと同じじゃん!」
 何か高尚な講演内容でも隠されていたのかと思ったら、案内状?出鼻をくじかれてこれで又勉強をしなくていい理由が見つかった。学生時代なら大喜びするところだが、なぜか牛窓に帰ってから、人が変わったので、残念だった。
 ただ良かったのは、これでパソコンにまた一段と強くなった。

【自然エネと原発】"アイツらとは〇〇をバーターに"「チャンスはこれからだここに投資していくべき」日本国内の生産を強くする!原発は国が責任取れ!電源を喪失させない事が前提【山本太郎/れいわ新選組/原発】 - YouTube

近所

 「Googleで調べたんですが、周りに何もないですね」
 そう、何もないのだ。後ろには小高い丘を控え、前には瀬戸内海が広がっている。ただ僕の薬局は100メートルくらい海と離れているから、直接海を眺めることはできないが、Googleで見てみたら、海がすぐそばまで迫っていることが分かるだろう。
 数ある薬局の中で、よりによってこんな僻地の薬局を見つけて、なおかつ選んでくれたことを話題にした時に、関東圏に住む女性が言った言葉だ。この恐るべし立地を帳消しにしてくれる閃きがあったらしいが、詳細は忘れた。
 過敏性腸症候群の診断を受けているらしいが、僕にはその診断名がしっくりこなかった。もっとも具体的な症状を教えてもらうと病院では当然その診断名がつきそうだが、それでもなお僕はしっくりこなかった。大腸検査までしていただいて、たかが薬剤師ごときが異論をはさむのは分不相応かもしれないが、「しっくりこんもんは、こんのじゃあ」
 また、病気や局所的な症状を見るのではなく体全体を観察し情報を集め、その情報を統合、分析し診断と証(弁証)を導き、それにのっとり処方を決める中医学の弁証論治も僕は出来ない。
 僕は内視鏡検査の結果と、その女性から頂いた多くの情報で煎じ薬を作り飲んでもらっている。初めて煎じ薬を郵送した特に、処方の意図を書いて同封したのだが、そこには一言「ケツノ穴が小さい人を大きくする薬」と書いておいた。まことに下品な言葉かもしれないが、僕の意図がこの言葉にすべて含まれている。
 日常でも「あいつはケツノ穴が小さい奴だな」と言う表現は使われる。肝っ玉が座っていないという意味だが、僕はその意味と肛門の痙攣をかけ言葉で表現した。この一見下品な言葉が腑に落ちたらしくて、まさに何十年ぶりかの自然なお通じを体感していただいている。
 周りに何もない過疎地の薬局で、下品な言葉遣いしかできない、理論も何もない薬局だが、現代医学の知見と本人の訴えをうまく組み合わせられれば、このようなヒットも珍しくない。
 今ではこの女性自身も、僕が放った言葉を自然に使ってくれている。下品でごめん。岡山弁でごめん。ハンサムでごめん。鈴鹿王子君のお母さんの実家と近所でごめん。

【文春砲炸裂!小池百合子学歴詐称疑惑】マスコミも狂っている!地方議員の居住実態は調べて議席を剥奪し、都知事の学歴詐称を何も調べないのは、どういうわけだ。安冨歩元東京大学教授。一月万冊 - YouTube