恐怖感

 そのニュースを見てすぐに僕は場所が浮かんだ。おそらく2度か3度は通ったことがある道で、そのたびに若干の恐怖感はあった。だからかなり慎重に運転したし、場合にとってはすれ違う車をこちらが徐行することによって、安全にやり過ごした。
 もう一つ、もう30年以上になるか、ある老人を応対していて、娘を川への転落事故で亡くしたと言う話を聞いた。まさに今回の事故と同じ道で、数百メートル下流に当たるところだ。ごく普通に出勤していた道中での事故だったらしいが、その男性は完全には受け入れられないみたいで、無念さが話の間の度ににじみ出ていた。
 片側が川、それも急な土手或いは、護岸だけで、ハンドル操作を誤れば何にも遮られることなく川に転落するような道路は意外と多い。僕がしばしば利用する、バイパスを下りて岡山の中心部に向かう近道がまさにそうだ。大回りして安全な道を通ることは出来るのだけれど、信号も少なく、交通量が少ないからどうしても利用してしまう。ただ今回の事故のようなことはいつ起こっても不思議ではない場所だ。
 今回の報道の事故現場との違いは、中心部に近いだけあってさすがにスピードを出すチャンスがない。せいぜい40㎞位だろうか。それに引き換え、今回の事故現場の道路は、交通量が極端に少ないからスピードは60㎞位でみなさん走るのではないか。おそらくそれが事故を招いてしまう原因だと思う。
 もうこれで行政もさすがに腰を上げなければならないだろう。ガードレールを作るだけで救える命だ。汚リンピックや汚部の葬式などに無駄遣いせずに、国民の命を守るべきだ。おそらく同じような条件の道路は、日本中にはごまんとあるはずだから。

 

安倍晋三のダメ国葬で支持率更に低下。岸田内閣の支持率を下げている本当の問題。日本人の心を傷つけ、国体を破壊している以上戻らない。安冨歩東大教授。一月万冊 - YouTube

朝顔

 僕の知識や経験で言うと、朝顔は、夏休み、立てられた棒に蔓を巻き付かせて上へ上へのびる、朝、花が咲く、花は青か赤・・・くらいなものだ。だから昨日見つけた花が朝顔かどうかわからなかった。何せ僕の知識にはなかった土の上に咲く朝顔だったのだから。土の上を這うように蔓が伸び葉っぱが付き、2つの花が咲いていた。草刈りをしていたのだが、さすがにその花は刈らなかった。
 花の知識は全くないから、朝顔のようであるが決定打はない。ひょっとしたら昼近くに見つけたから昼顔と言うもの?などと考えていたら妙案が浮かんだ。夕方また来てみればわかると気が付いたのだ。もしその時点で咲いていたら少なくとも朝顔ではない。
 夕方クレープの店を娘たちが閉じてから見に行ってみると、花が見つからなかった。およその見当はつくから近づかなくても見つけられるのだが、結局見つけられなかった。やはり朝顔だったのだ。念を入れるために再度今朝確認したら、きれいな花が2つまた咲いていた。その気になって探してみたら、他に3か所同じ青色の朝顔を見つけた。不思議と3か所ともたった一つしか咲いていなかった。
 いったいどこから種がやってきたのだろう。朝顔に野生があるのだろうか。種から植えて夏休みの宿題のテーマに何度かした記憶があるから、野生のものがあるとしたら意外だ。 

 

 

菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ
安倍元首相の「国葬」強行から1週間。友人代表として参列した菅前首相の弔辞がいまだに話題を集めている。なぜか? 流用疑惑が浮上し、大炎上しているからだ。元ネタは、あろうことか故人が指南役の逝去にあたって寄せた追悼メッセージ。第2次安倍政権以降、広島・長崎の平和祈念式などであいさつの使い回しが常態化しているが、お悔やみまでコピペとは……。
菅前首相の弔辞をめぐる疑惑を報じたのは、ニュースサイト「リテラ」。〈菅義偉国葬弔辞で美談に仕立てた「山縣有朋の歌」は使い回しだった! 当の安倍晋三JR東海葛西敬之会長の追悼で使ったネタを〉(1日配信)と題した記事で、流用の可能性を指摘した。
高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)はこう言う。
「ア然としています。菅前首相は遺影に向かって『歩みをともにした者として』と語りかけていましたよね。いわば盟友の安倍元首相が恩人を偲んで引用した句だと知らなかったのでしょうか? 前提をすっ飛ばして、あたかもオリジナルであるかのように振る舞っていたのだとしたら、一種の剽窃です」
問題の箇所は弔辞の締めくくり部分。やや長いが再録する。
衆議院第1議員会館、1212号室の、あなたの机には、読みかけの本が1冊、ありました。岡義武著「山県有朋」です。ここまで読んだ、という、最後のページは、端を折ってありました。そしてそのページには、マーカーペンで、線を引いたところがありました。印をつけた箇所にあったのは、いみじくも、山県有朋が、長年の盟友、伊藤博文に先立たれ、故人を偲んで詠んだ歌でありました。総理、いま、この歌くらい、私自身の思いをよく詠んだ一首はありません。
かたりあひて尽しゝ人は先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ
深い哀しみと、寂しさを覚えます。総理、本当に、ありがとうございました。どうか安らかに、お休みください〉
安倍元首相は誤字脱字を頻発しながらも…
今年5月末、安倍元首相の後ろ盾だったJR東海名誉会長の葛西敬之氏が死去。葬儀に参列した安倍元首相は、その2日後にあたる6月17日、フェイスブックにこうつづっていた。
〈国士という言葉が最も相応しい方でした。失意の時も支えて頂きました。葛西さんが最も評価する明治の元勲は山縣有朋。好敵手伊藤博文の死に際して彼は次の歌を残しています。
「かたりあひて尽しゝ人は先だちぬ今より後の世をいかにせむ」
葛西さんのご高見に接することができないと思うと本当に寂しい思いです。葛西名誉会長のご冥福を心からお祈りします〉
凶弾に倒れる3週間前の書き込みだ。菅前首相は「読みかけの本」と言ったが、財界の大恩人への追悼文を斜め読みでまとめるだろうか。いくら安倍元首相でもそんな不義理はしないだろう。読み返したとみるのが自然だ。2015年1月12日のフェイスブックにはページを開いた「山県有朋─明治日本の象徴─」の写真をアップ。こう書いていた。
〈週末三連休、一昨日はゴルフ、昨日はお墓参り。河口湖の山荘でゆっくと過ごしました。その間、読みかけの「岡義武著・山縣有朋。明治日本の象徴」を読了しました。知人から進められ手に取ったものです〉
安倍元首相の発言によると、「知人」とは葛西氏を指すようだ。誤字脱字を頻発しながら、くだんの句「かたりあひて~」を引用。〈本心だった様に思います〉と結んでいた。おそらく7年以上前に読み終えていたのだろう。
「8年8カ月のアベ政治は嘘にまみれたハリボテだった。この国のレベル、儀礼にふさわしい弔辞だったかもしれません」(五野井郁夫氏)
ある意味、集大成か。大絶賛が一転、菅前首相は赤っ恥だ。

 

過敏性腸症候群、うつ病のご相談は栄町ヤマト薬局へ

錯乱

 数日雨が降っていないから、刈った草を山積みにしていたのを朝から燃やした。昨夜から楽しみにしていた。雨が降れば草抜きが、晴れれば焼却が楽しみ、自然が少し身近になった。
 焼却機が小さいから、どうしても枯れ草がたまる。ドッグランの隅の方に小さな山が常にできている。青々としていた草でも、天気が良ければ数日で茶色になる。上の方はよく乾燥し軽いが、下の方はほとんど堆肥状態だ。熊手で枯草を集めると、濃い茶色の虫が慌てて飛び出して逃げていく。コオロギだ。
 たまに駐車場で見ることはあったが、鳴き声の声ほど目にすることはなく、ひと夏に1匹か2匹見かける程度だった。ところが今朝は、熊手で枯草の山を崩すごとに何匹かのコオロギが飛び出してくる。その光景である記憶が蘇った。なんと60年以上前のことだ。
 僕はまだ小学生になっていないかもしれない。ひょっとしたら幼稚園児、いやいや幼稚園にまだ届かない年齢かもしれない。でもはっきりとその光景が思い出せるのだ。丸で1枚の絵のように。
 当時住んでいた家から2㎞位離れたところに100坪ほどの畑を父が手に入れていた。江戸時代には一番の繁華街だったと言うあたりに薬局があったが、薬局の前の道路は車1台がやっと通れるくらいだ。父が先見の明で移転地として手に入れていたのだろうが、まだそこには建物はなく、祖父母が畑仕事を楽しんでいた。
 思い出した1枚の絵は、祖母の隣にしゃがみこんで懸命にコオロギを取っている僕の姿だ。当時僕は確かにコオロギを懸命にとっていた。その事実を思い出したのだ。そしてそのコオロギ捕りの目的が、当時飼っていた鶏のエサにするためだった。戦後10年以上経っても時代は貧しくて、1羽や2羽鶏を飼っている家は珍しくなかった。コオロギ捕りが幼い孫の仕事だったのだろうか。
 過去のことはあまり思い出さない、興味がない僕だが、珍しい記憶がよみがえったものだ。短い距離を撥ねて逃げる姿が、なんとなく哀れに見えた。相次ぐ有名人の訃報に時計の針が錯乱したのだろうか。

 

れいわ新選組・大石あきこ政策審議会長 【2022/10/02 日曜討論】 - YouTube

白熊

 いつもお世話になっております、〇〇の〇〇です。 お薬続けて、本当にあと目頭に残っている結膜だけに なっています。びっくりです!もう少し続けたいのでまた送って下さい。 いらない水分も抜けたのか体重も少し減り締まってきました(⌒∇⌒)
> 白熊が徘徊・・・(爆) 岡山の人ってみなさんこんなに面白いのでしようか?
> 関西に近いから?私は関西大好き(祖父のルーツ)なので・・・
 コロナ前、和歌山でパンダに会って奈良のお寺観て大阪よしもとで大爆笑してきました。早くまた行きたいです・・・
> 実は〇〇は昨年、私のウォーキングコースにヒグマが出たようです。今年は市の方で対策したせいか出ていません・・・
> 白熊ではなくヒグマです、おしい・・・(爆)
> 北海道は色々な都府県のナンバープレートを見ますが、岡山もたまに見ますよ~
> 最近はなぜか嬉しくなります。
> いつも本当にありがとうございます。またよろしくお願いします。


着実に改善してくださっているみたいでうれしいです。
僕は瀬戸内海の小さな漁港で育ち、中学校を卒業してから岡山市に下宿し高校に通いました。
牛窓は比較的兵庫県に近いので、関西の気風が流入しやすいかもしれませんが、
漁師の中で育ったようなものですから、漁師たちの喋りの影響を受けていると思います。
彼らは板切れ一枚下は地獄の生活をしていますから、冗談ばかり言いあっています。
真面目な会議でもよくそれで結論が出るなと言うくらい冗談ばかり言いあっています。
現代のテレビに出てくる自称お笑い芸人たちより数倍面白いです。
僕は長年この仕事をしてきて、健康を保つ条件をいくつか見つけました。
思いつくまま列挙してみると・・・
〇タバコを吸わない 〇よく歩く 〇犬を飼う 〇よく笑う、或いは人を笑わせる
〇世のため人のために小さなことでもできることならやる 〇睡眠時間を削らない
〇魚を週に2,3回食べる 〇栄町ヤマト薬局の漢方薬を飲む
我流の健康法ですが、35年間色々な人と接してきた非科学的な考察です。ぜひ参考にしないでください。僕の欠点で「学術が苦手じゃあ~」
ところで、貴女の散歩コースにヒグマが出たらしいですね。ぜひ気を付けるようにヒグマに伝えておいてください。
ヤマト薬局

過敏性腸症候群、うつ病のご相談は栄町ヤマト薬局へ

 

超常現象

 閉店時間ギリギリに入ってきた女性は、歩くもぎこちなく、体を懸命にかばっているのが想像がつく。腰を痛めて湿布を貼っていたが一向に効かなくて歩くのもやっとだと言っていた。明日まで待つのが怖くなってぎりぎりで意を決してやってきたらしい。
 腰が痛いと言われてもどこが痛いか僕にはわからない。そこで痛む場所を自分の手で押さえてもらった。それで僕は重大なトラブルではないことが分かった。となるとそんなに悲観することはない。もし重大なトラブルが隠れていたらと、外が暗くなるにしたがって不安になっていたみたいだが、「悪いトラブルじゃないよ」と言ってあげると一瞬にして表情が戻った。
 僕がそのあと連発した質問。「草を抜くのを頑張ったんじゃろう!」「片膝をついてやらなかった?」「面倒だから、手前の草が抜けたのに、移動せずに体を伸ばして這いつくばるようにして抜いたんじゃないの?」「1時間も2時間も頑張ったんじゃないの?」
 その答えが次に紹介するもの。「1週間毎日抜いています」「もう歳だから片膝なんかじゃあ出来ないから汚れてもいいから両膝ついてます」「そうそうその通り、膝をついたまま動くのが動きにくいから、遠くのほうまで手を伸ばして抜いています。どうしてわかるんですか?」「雨の次の日は5時間抜きました」
 まるで見ていたように当たった。どうしてわかるのと聞くくらい当たったのは、僕が昨日陥った症状を、時系列で喋っただけだ。まったくうり二つの原因でうり二つの症状が出たと言う種も仕掛けもある話。
 歳を重ねると体験したものが多いから、超常現象を起こすことが出来る。

 


小沢一郎氏、「国賊」発言で村上議員を処分方針の自民党に「一番処罰されるべきは誰なのか」と苦言
自民党が30日、故安倍晋三元首相を「国賊」と呼んだと一部で報じられた同党の村上誠一郎行政改革担当相の「処分」をめぐり、10月12日に党紀委員会を開く方針を決めたことを受け、立憲民主党小沢一郎衆院議員がツイッターに新規投稿し、「一番処罰されるべきは誰なのか」と〝処分をする側〟である自民党の見識を問うた。
小沢氏は「本当に倫理・正義・道徳に反する人間は誰なのか、権力の私物化・乱用により日本の政治を腐敗させ、行政を破壊し、立憲民主主義を滅茶苦茶にしてきたのは誰なのか、一番処罰されるべきは誰なのか、自民党がそんな簡単なこともわからないなら、もはや政権政党の資格は無い。彼らに必要なのは鉄槌である」と苦言を呈した。
さらに、小沢氏はこの投稿に先立ち、村上氏の処分について「統一教会との長年の癒着で国民に多大な被害をもたらしてきた多くの所属議員を処分することなく、逆に教団の最大の守護者であった安倍氏を批判した議員を処罰しようとする自民党。倫理観が異常で、意味不明。自民党は完全に壊れてしまったが、我々は日本を壊す訳にはいかない」と訴えた。
村上氏は自民党衆院議員として、27日に実施された安倍元首相の国葬を欠席。その決定に至る過程を問題視しての国葬欠席という、与党議員としては異例の行動で注目された。その中で「国賊」発言が一部で報じられた。

 

過敏性腸症候群、うつ病のご相談は栄町ヤマト薬局へ

 

回答

 一般の人が漢方相談をして、薬局がそれぞれ答えるサイトがあり、僕も時々回答をしている。回答は面倒なのだろう、ほとんどの薬局はしない。僕は運よく?暇だから本気で悩んでいるものだけ選んで回答しているが、僕以外の常連の回答者はいわゆる中医学と呼ばれるものらしく、とても理論的で、僕など足元にも及ばない。
 僕は35年前から、日本古来の漢方薬を継承していた先生に教えていただいたから、いわゆる「古方」と言う分類に属するのかもしれない。ただ僕は先生のコピーでしかないから実際には何流かはわからない。ただ言えるのは、先生の先生が現代医学をおさめたお医者さんで、現代医学のデータを大切にされる方だったから、あまり漢方的な診断に固執はしない。先進的な手段で得られた情報で漢方薬を使って治していく、そうしたスタンスだ。
 今回ある方の相談に回答したのだが、他の薬局さんの回答と答えが全く逆だった。僕は、質問者が肥満で成人病の方だったから、体の不要なものを捨てるような処方を回答したが、他の方は脾虚と判断して補う処方を提案されていた。真逆じゃんと思ったが、どちらがより適しているかは僕には判断できない。僕は専門用語を駆使することが出来ないから、「体の中の無用なものを捨てなければならない」と提案した。すると質問者は着眼点に興味を持ってくれたらしいが、火に油を注いで治すのか、火に水をかけて治すのか、こんなに違うこともあるんだと気を引き締めた。
 薬局に直接来たり、電話やメールをくれる切羽詰まった方の対応ばかりしてきたから、知識欲旺盛なサイトには付いていけないものもあるが、せっかく今は亡き先生から受け継いだ実践的な漢方を、現代医学からこぼれた方々に生かさない手はないと「あがいている」

 

逢いたくていま [Aitakute Ima] / MISIA TBS系日曜劇場『JIN-仁-』主題歌 Unplugged cover by Ai Ninomiya - YouTube

実際

 NHKのお昼過ぎからの番組は、日本列島の各地を結び、行事やニュースを伝える番組だ。首都圏からの放送が始まってアナウンサーが画面に映った。どこかで見たことがある顔だなと思ったが、すぐに思い出した。テレビで見るよりずっと実際はハンサムなんだと感心した30年前に遡る。
 娘が小学生のころピアノを習っていた。その発表会が岡山であり、その時の司会者が彼だったのだ。何時もNHKのローカルニュースで彼の姿を見ていたから、実際に舞台で司会を始めた時には驚いた。娘が教えてもらっていた先生の人脈でNHKの現役アナウンサーを少人数のピアノ発表会に呼べたのだと思うが、司会進行ぶりの質の良さ以上に驚いたのは、彼がとてもハンサムな人だたってことだ。神田正輝叶和貴子が薬局に来た時には、見たことがないレベルのハンサムさや美しさだったが、二人は所詮芸能人でプロフェッショナルだ。それに引き換えNHKのアナウンサーは全くの素人だ。それなのにかなりハンサムだったことに驚いたことを鮮明に覚えている。
 妻は僕より数秒遅れて思い出したようだが、あの時の青年がおじさんになったことのほうが印象深かったみたいだ。それもそうだろう、30年の歳月を加えれば誰だって激変だろう。それも好ましくないほうへ。
 あの青年がこんなに変わるのだから、僕などが激変するのも無理はない。玉野教会の先輩女性が「歳をとると言うことは、一つ一つお返しすること」と言われたが、僕の場合は一つ一つ「落としていく」いや「奪われていく」感じだ。もう何も残らないまで奪われ続けるのだろうか。
 それにしても一つだけ分からないことがある。「吉永小百合はなんで歳を取らんのじゃあ~!」

 

 


作家・平野啓一郎氏「気持ち悪いとしか言いようがない」賛否両論のまま実施した国葬と政府に私見
芥川賞作家の平野啓一郎氏(47)が28日、ツイッターを更新。憲政史上最長政権を築いた安倍晋三元首相の国葬をめぐり、「彼の民主主義の破壊と無責任な誤魔化しの手法をこそ『葬る』べき」と私見を述べた。
国葬は賛否が割れたまま27日に営まれ、自民党萩生田光一政調会長は「国民のみなさんに、政府の取り組みへの思いが上手に伝わらなかったのかなという反省がある」と述べた。
安倍氏国葬については「法的根拠もないまま、政府が勝手に一人の政治家を権威化しようとしている」と批判し、反対の立場を示してきた平野氏は、萩生田氏の発言を受け「『政府の思い』などという情緒的な話ではなく、法的根拠もなく、国会を無視して政府が勝手に国葬を決め、強行したことが問題」「国民が『政府の思い』を理解し、同意する一体化を理想と考えているなら深刻な政治観。気持ち悪いとしか言いようがない」と批判した。
続くツイートでは、「憲政史上最長政権などというが、本来なら議員辞職すべき問題を散々繰り返した政治家であり、その政権がそんなに長く続いたことこそが問題」と指摘。旧統一教会をめぐる問題にも言及し、「カルトとの癒着のキーパーソンであり、彼の民主主義の破壊と無責任な誤魔化しの手法をこそ『葬る』べきで、最低でもカルトの支援で当選した議員は辞職すべし」とした。

 

過敏性腸症候群、うつ病のご相談は栄町ヤマト薬局へ