高松

おしいですね。日曜日の午前中に荷物を受け取っていただくということは、日曜日には帰っているのですね。 と言うのは、今週の日曜日に僕も高松に行きます。漢方の勉強会が開かれるのです。 勉強会自体にあまり魅力は感じていないのですが、何せ僕が高松が好きなので、いろんなことにかこつけて行くのです。 なんと言っても高松の魅力は、フェリーに乗って行けることです。 宇野港から65分と言う時間もいいです。 それより長ければ、飽きますし、それより短ければ本も読めないし孤独を味わうことも出来ません。 全く知らない人たちと船に乗り合わせ、波や島、海鳥や行きかう船を眺めるのは至福の時間です。 日常から完全に隔離される貴重な時間です。 おまけに高松に着いても知らない人ばかりで、県庁所在地の割には閑散としている街が好きです。 勉強会のあるホテルの行き帰りに、長い商店街の中でイベントなどに出くわせばフェリーの時間を忘れて見入ってしまいます。 高松と言うか、香川県は、四国の玄関として栄えてきたところで、また本土から離れている不便さを懸命に克服しようとしているのか、文化的な活動や催しが盛んなのです。 実際僕も12月6日は国分寺に和太鼓を聴きに、20日は丸亀にベートーベンの第九を聴きに行きます。 そして何より有難いのが、結構入場料が安いのです。どちらもかの国の人を7人ずつ案内しますから助かります。 あなたが高松に来ている理由は仕事ですか、それとも好きな旅行ですか? 遠いから飛行機でしょうかね。新幹線などだったら又牛窓にも寄れるのでしょうが。 活動的な貴女だから、今の悩みなど克服できますよ。 何も臆することなく、自由に行動してください。 冷えに対する処方を少し強化しました。 うどん県のうどん、堪能しましたか? 高松と聞いたら、俄然力が入って漢方以外のことを書いてしまいました。 ヤマト薬局

広告を非表示にする